収入安定!キャリアアップもできる「薬剤師」の魅力!


薬剤師ってどんな仕事なの?

薬剤師の業務は、主に3つあります。医師からの処方箋をもとに薬を調剤する「調剤業務」、患者さんに服用する薬の説明をする「服薬指導」、薬歴を管理する「薬歴管理」です。また、処方箋に不備や疑わしい点があれば、医師に疑義照会をしなければなりません。患者さんによっては、他に併用している薬があるか否か、お薬手帳を見せてもらい、重複投与や相互作用のチェックをすることも大切な業務の一環です。

さらなる薬のスペシャリストになるには

調剤薬局では「管理薬剤師」というポストがあります。薬剤師としての通常の業務のほか、円滑な業務の遂行を目的として、薬局開設者や経営者からの任命によって、大きな役割を背負うものです。人や医薬品を管理する力、リーダーシップ、判断力などの資質が必要となってきます。背負う責任は大きくなりますが、責任者としてのキャリアは収入がアップするほか、将来的にも大きなプラスになるでしょう。

生涯を通して生かせる資格「薬剤師」

薬剤師は、6年制の薬科大学に通い、国家試験に合格することが出来れば、生涯を通して生かせる資格です。また、大手就職サイトでは、薬剤師専用のサービスがあるように、ライフステージによって転職することも比較的安易であるといえます。初任給や賃金も他業種に比べて高めに設定さていることも大きな魅力です。調剤薬局に限らず、ドラックストアでの勤務など就業場所も雇用形態も様々で、家庭と仕事を両立したい方、一度家庭に入っていたが復職したい方、子育て中の方などにとっても働きやすい職業です。

シニア世代は広告や公共機関を通じて求人を探す傾向がありますので、薬剤師のシニア求人は積極的に広告チラシやハローワークを活用することが募集の近道といえます。