トレーラーの仕事内容や給与は?細かな所まで理解しよう!


他のトラック運転との仕事の違いは?

大型免許を取得していて、トレーラー運転手の仕事に就職・転職したいと考えている人はいませんか。ただ、何となくわかっていても、詳しい仕事内容が分からないという人もいるのではないでしょうか。トレーラー運転の仕事と他のトラックの仕事との最大の違いは、コンテナなどの大型の貨物を輸送するという点です。こうした貨物はトレーラーでしか運べませんので、この仕事は重要になってきます。また、けん引資格が必要になるという点もトレーラーの仕事ならではの点といえます。

貨物の積み込み・積み下ろしはフォークリフトで行うという点も特徴的です。基本的には大型免許とけん引免許が必要ですが、フォークリフトの資格も持っておくとなおよいでしょう。積み下ろし先の港などでの宿泊も多い仕事になるので、それも理解しておきましょう。

気になる給与水準は?

トレーラーの仕事内容の他に、給与水準が気になるという人も多いでしょう。トレーラー運転手の年収水準は、500~700万円といわれています。他のトラック運転の仕事に比べ高く、月収でいうと3万円程度違ってくるようです。ボーナスの水準も他のトラックの仕事よりも高く、より高い年収を求めて転職を考える人も少なくないようです。

こんな点に気をつけたい!

では、そんなトレーラー運転の仕事で特に気をつけたい点は何なのでしょうか。まずは、運転の難しさという点があります。単に車体が大きいというだけでなく、連結部分があるという点が要注意です。それ以外にも、高いバック技術も求められるので、実際の体験談も調べてみるとよいでしょう。また、トレーラーの運転では港など普段の運転ではあまり行かないような道を走ることもあるので、ルートをきちんと覚える必要もあります。

理想のトレーラーの求人を見つけるためには、トラックドライバー求人専門サイトを調べる方法があります。他にはない非公開求人が色々ある可能性があります。その他、タウン誌など様々な求人媒体を活用できます。